トップ  >  下取と買取どっちが得?

下取と買取どっちがお得?


下取りと買取り。

それぞれの意味は前頁までにご説明させてもらいました。

では、買取りと下取り、どちらが得なのか。

それは次ページの一覧を見てもらうと一目瞭然です。


この一覧は、同一車で下取/買取それぞれ査定した結果を出したものです。
(買取りは複数業者に査定依頼をした最高額)

平均すると9万円以上、買取りが得をする結果となりました。


ただ、買取りすると平均9万円以上得するといっても、どんな車でも9万円得するわけではありません。

査定額が0円に近い車が、9万円プラスされることはほとんどありませんが、査定額が100万円を超えるような車であれば、もっと大きな開きがでることもあるでしょう。


こういう場合、金額ベースで考えるより、下取りの平均と買取りの平均の比で考えた方が正確です。


買取りの平均額はおよそ604000円。

下取りの平均額がおよそ505000円。


差額としては9万9千円ですが、買取額と下取額を比を見ると買取りは下取りと比べ、20%増しの額が得られることなります。


これは、
下取り査定で50万円の評価だった場合、買取りは60万円で売却できる、

下取り査定で100万円の評価だった場合、買取りは120万円で売却できる、

ということになります。


車を得して購入する場合、エコカー減税やエコカー補助金といった控除に目がいきがちですが、車を買う前に発生する「買取り」と「下取り」の差も見逃せない、ということがわかりますね。



買取査定するなら・・・?




▲オススメはこのサイト。
その理由は…こちら




・もっと高値で売りたかった
・他の会社にも聞けば良かった
・終始売却先のペースで進んでしまった
・提示された査定額と手取りの額が同じゃなかった

車を売却して後悔するケースの多くがこういった意見です。
あなたは、これらの後悔をしない自信はありますか?
自信がなければ以下のリンクを確認しておいて下さい。
>>後悔せずに売る方法


前
買取とは?
カテゴリートップ
TOP
次
実際の下取/買取査定額