トップ  >  査定額はどうやって決める?

査定額はどうやって決める?


査定額を決める方法は、買取る業者によって異なります。

市場の動向や相場によって決める会社もあれば、「中古車査定基準」という基準を用いて査定額を決める会社あります。


一般的に買取会社は買取った車をオークションに出し、差益で儲けますので、厳格な査定基準より市場の相場の方が重要になります。

ですので、主にオークションでの相場を頼りに買取査定額を決めています。


一方で、「中古車査定基準」を用いて査定額を決める方法を用いる会社もあります。

この方法は、基本的に「標準状態」と言われる車の基準データと比較して査定額を決めます。

「標準状態」というのが決められていて、以下の様な状態を指します。

・エンジン、足回り関係は走行に支障がなく良好である
・外装、内装が無傷である
・車検の残月数3か月以内である
・走行キロ数が標準である
・タイヤ 残り溝が1.6mm以上ある
・事故による修復歴、改造工作等が無い

この状態にある車の価格を、「基本価格」(この価格は査定する会社によって異なる)とします。


査定は、標準状態と、査定する車を比較して、加点/減点を行い査定価格を決めます。

加点/減点については、車査定協会が定めた「加減点基準」がありますので、査定する会社毎に差はつきません。

要するに、「基本価格」の差が、査定する会社毎の差となります。


市場動向主体、査定基準主体どちらの査定方法が良い悪いというのはありません。

前者の査定方法での査定額が高値になることがあれば、後者の査定方法の方が高値になることもあります。


いずれにせよ、色々な査定方法で査定をしてもらって、査定額を見極めた上で決めるというのが大事になると思います。



・もっと高値で売りたかった
・他の会社にも聞けば良かった
・終始売却先のペースで進んでしまった
・提示された査定額と手取りの額が同じゃなかった

車を売却して後悔するケースの多くがこういった意見です。
あなたは、これらの後悔をしない自信はありますか?
自信がなければ以下のリンクを確認しておいて下さい。
>>後悔せずに売る方法

投票数:20 平均点:6.50
前
車検は通すべき?
カテゴリートップ
TOP
次
走行距離と査定相場の関係