トップ  >  車が高く売れる時期

車が高く売れる時期


車を売る理由は人それぞれですよね。

車が古くなったので買い替える人もいれば、現金が必要だからという人もいます。

また、車が必要なくなったという場合もありますよね。

どうしても現金が必要な場合は季節や時期を選べませんが、そうでない場合、時期を考えてもいいかもしれません。


一般的に、車がよく売れるのは、3月〜7月および9月です。

年度末でディーラーが安くで売リ出すことや、新生活が始まる上で車が必要なためようです。


逆に、車がよく下取/買取に出されるのは2〜3月、5〜6月、8〜9月です。

車が売れるのと同様に、年度末や期末に下取/買取に出すことが多いようです。


では、高査定で下取/買取を行いたい場合、どの時期がよいのでしょうか。

これはやはり、3月や6月、9月といった年度末や期末になります。

この時期は車の買取会社もノルマ達成のため、高く見積もってくれる可能性があります。

一番交渉しやすい時期と言えるでしょう。


逆に査定額が一番安くなりやすいのは、11〜12月。

査定で重要な要素のひとつである「年式」。

年を越してしまうと、年式は1年古くなってしまうため、この時期の査定は渋くなる傾向があります。

特に急ぎで売却する必要がなければ、12月の査定は避けておいた方がいいと思いますよ。



・もっと高値で売りたかった
・他の会社にも聞けば良かった
・終始売却先のペースで進んでしまった
・提示された査定額と手取りの額が同じゃなかった

車を売却して後悔するケースの多くがこういった意見です。
あなたは、これらの後悔をしない自信はありますか?
自信がなければ以下のリンクを確認しておいて下さい。
>>後悔せずに売る方法


投票数:22 平均点:8.18
前
買取査定の流れ
カテゴリートップ
TOP
次
買取業者は買った車をどうする?